トップページに戻る    次のSQLパズルへ    前のSQLパズルへ

10-121 指定日だけ後の平日を取得

SQLパズル

テーブル
日付        休日フラグ
----------  ----------
2006/07/13           0
2006/07/14           0
2006/07/15           1
2006/07/16           1
2006/07/17           1
2006/07/18           0
2006/07/19           0

基準日と、差分日数を指定して、
基準日から差分日数だけ後の平日の日付を取得する。

・基準日が2006/07/14、差分日数が 2 の時、2006/07/19を取得
・基準日が2006/07/14、差分日数が-1 の時、2006/07/13を取得
・基準日が2006/07/17、差分日数が 2 の時、2006/07/19を取得
・基準日が2006/07/17、差分日数が-1 の時、2006/07/14を取得

こちらを参考にさせていただきました


SQL

def 基準日 = to_date('2006/07/14','YYYY/MM/DD')
def 差分日数 = 2

with hoge as(
select to_date('2006/07/10', 'yyyy/mm/dd') as 日付,0 as 休日フラグ from dual
union select to_date('2006/07/11','yyyy/mm/dd'),0 from dual
union select to_date('2006/07/12','yyyy/mm/dd'),0 from dual
union select to_date('2006/07/13','yyyy/mm/dd'),0 from dual
union select to_date('2006/07/14','yyyy/mm/dd'),0 from dual
union select to_date('2006/07/15','yyyy/mm/dd'),1 from dual
union select to_date('2006/07/16','yyyy/mm/dd'),1 from dual
union select to_date('2006/07/17','yyyy/mm/dd'),1 from dual
union select to_date('2006/07/18','yyyy/mm/dd'),0 from dual
union select to_date('2006/07/19','yyyy/mm/dd'),0 from dual)
select 取得日
  from (select 日付,
        case when &差分日数 > 0
             then Lead(日付,abs(&差分日数)) over(order by 日付)
             else  Lag(日付,abs(&差分日数)) over(order by 日付) end as 取得日
          from hoge
         where 休日フラグ = 0 or 日付 = &基準日)
 where 日付 = &基準日;

def 差分日数 = -1
/
def 基準日 = to_date('2006/07/17','YYYY/MM/DD')
def 差分日数 = 2
/
def 差分日数 = -1
/


解説

case式で、差分日数の符号による分岐を行ってます。